タバコの写真です
  

タバコの副流煙 犬への影響

愛犬の鼻や目などのトラブルが起きやすかったりしませんか?咳がでやすかったりしていませんか?タバコの副流煙によるものかもしれないと考えてみた事がありますか?

喫煙者にとっては耳の痛い話ですが、タバコの副流煙は人だけでなく一緒に暮らす犬などのペットの健康にも大きな影響を与えるのです。もちろん喫煙者本人にはがん、心臓病、脳卒中、肺気腫、喘息、歯周病等、特定の重要な疾病の罹患率や死亡率等が高いことで知られています。

しかし喫煙者本人が吸う主流煙よりもまわりの人や動物たちが吸う副流煙のほうが有害性が高いのですが、認知度はまだまだ低いようです。副流煙は主流煙よりもニコチンは約3倍、アンモニアは約50倍、一酸化炭素は約5倍、発ガン物質は物質により2〜130倍の有害物質が含まれています。

参考 主流煙と副流煙(厚生労働省の最新たばこ情報)

飼い主が喫煙者の場合、犬の発ガン率は約 1.6倍になるそうです。咳がでる、鼻のまわりが腫れる、くしゃみなどのかるい症状から、喘息、気管支炎、 副鼻腔ガンや肺ガンなどの重い疾患まで発生する原因となっています。

コリー、ダックスのような鼻先が長い長頭犬種では、鼻が化学物質のフィルターの役割をするため副鼻腔ガンになる率が高く、パグ、ブルドッグなどの鼻がみじかい短頭犬種では、肺に直接副流煙が入ってくるため肺ガンになる率が高いそうです。

栄養学的にみても、人も同じことが言えますが、喫煙や副流煙を吸うことによりビタミンCやビタミンEをムダに消費してしまうため、老化を早めるということにつながっています。またタバコの吸い殻やまだ吸っていない新しいタバコも含め、誤飲事故が多いので、喫煙者の生活環境だけでなく、お散歩中道端に落ちている吸い殻を食べないように気をつけてあげましょう。

   

タバコの誤食と中毒

犬のタバコ中毒は、愛犬がタバコを誤食することでおこります。近年では加熱式たばこのカートリッジなどの誤食も増えているようです。

とくに子犬は好奇心旺盛で、なんでも口に入れて認識しようとするので要注意です。また、灰皿等のタバコのニコチンが溶け出した水を飲んだ場合は、より吸収がはやいため重い症状がでる可能性が高くなります。ヒトでも灰皿がわりに飲料缶を使用していたりすると、よくある誤飲事故の原因となっています。

ヒトのニコチン中毒量
タバコのニコチン含有量はメーカーや銘柄によってちがいがありますが、通常1本のタバコには10~30mgのニコチンが含まれています。ヒトにとっての致死量は乳幼児の場合10~20mgタバコ1本、成人の場合40~60mgタバコ2本とされています
犬の場合、1mg/1kgで中毒症状が出て、致死量はおよそ8mg/kgとされています。たとえば5㎏の犬ならタバコ1/2本で中毒症状、2本で命の危険が。
タバコの箱に表示してあるタールやニコチンは、タバコ1本に含まれる量ではないことに注意が必要です。表示されたタール・ニコチン量は、ある一定の条件下で機械が吸引した煙を分析した値なのです。
中毒症状
興奮・ふるえ・けいれん・おう吐・下痢・血便・血尿・幻覚などの症状がみられます。
対処・応急処置
原則、動物病院へ連れていくこと。ニコチンは基本的に胃ではなく小腸で吸収されるため、飲み込んですぐなら吐き出させることが有効とされています(1時間以内)。吐かせるために牛乳などを飲ませないでください。逆に吸収がはやまりますし、誤食してしまったタバコを小腸まで押し流してしまう可能性があるため避けましょう。誤食したかどうかわからない、誤食した可能性がある場合も、様子をみていないで早急に動物病院へ。

参考 紙巻たばこタール・ニコチン含有量(2020年)/一般社団法人日本たばこ協会

タバコは嗜好品なので、個人的に良し悪しの判断をすることは正直むずかしいところです。しかし、こういった影響もあるということをよく考えてほしい。ちょっとした不注意が犬にとっては命とりになります。加熱式タバコもニコチンが含まれているものがあるため注意が必要です。

空気清浄機を使用したり、換気扇をまわしたそばで吸う、愛犬の手のとどく範囲内では吸わない、置いておかない…などといったちょっとした心がけでも随分違ってきます。周りの人だけでなく愛犬のためにも、もちろん飼い主さんの健康のためにもできることがあるのではないでしょうか。