ペット用マイクロチップについて

首輪に鑑礼や注射済票、迷子札などをつけていたとしても、首輪がちぎれてしまったりして迷い犬になってしまったら。飼い主自身が地震などで被災し、ケガをしたり生死をさまようようなことになってしまったら。そのとき、愛犬はどうなっているのか?・・・などと考えた事がありますか?

このことを考慮してペット用マイクロチップを動物の体内に注入する方法が注目されています。

ペット用マイクロチップは国・メーカーコード、動物種コード、個体番号等が組み合わされた世界で唯一の番号が記載されており、この番号により確実に飼い主さんのもとへ帰ることができるという個体識別装置のことで、専用リーダーで読み取ることができます。

大きさは長さ11ミリ、太さ2ミリで、犬の背中に注入します。1度の装着で1生使用できます

マイクロチップを読み取るための専用リーダーは、県や市の各施設への設置がすすめられていますが、まだまだ地域によって差があり、保護された場所でリーダーがなければ意味がないため、各県や市町村などで確認しておくことをおすすめします。マイクロチップの装着は日本ではまだ義務化されていないため認知度・普及率ともに低く、賛否両論あるようです。

でも、その賛否両論の根拠は?自身で確かめてみたものですか?
飼い主さん自身が行動をおこさなければ何も変わりません。

マイクロチップを犬の体内に装着すること自体を一方的に拒否するのではなく、飼い主さんと大切な愛犬のために一度じっくり考えてみませんか。不幸にも殺処分されてしまうペットは一向になくなりません。簡単にペットを捨てられなくなるよう、ペットショップやブリーダーによってはマイクロチップの装着を義務づけているところもあります。

わが家のチョコ那智は、09'2月にマイクロチップをいれました。ブログ>

【参考サイト】

TOP PAGE▲
犬の住環境と暮らしトップ▲