とって必須脂肪酸とは

必須脂肪酸とは、体外から(通常は食事から)摂取する必要がある脂肪酸のことで、犬の食事中にもかならず含まれていなければいけません。
一般的に不飽和脂肪酸のリノール酸、αーリノレン酸、アラドキン酸の3つが必須脂肪酸といわれます。犬はリノール酸からアラドキン酸、γーリノレン酸を合成できます。

オメガとは

不飽和脂肪酸は分子構造において、炭素の二重結合がどこにあるかによっても分類されます(オメガ[n])

リノール酸(オメガ6系[n-6])

コレステロールや血圧をさげる作用があるが、ガンやアレルギー症状、免疫力低下などの症状の発生も

αーリノレン酸(オメガ3系[n-3])

ガン発生を抑制したり、血液の流れをよくする。EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)が豊富な魚もこの脂肪酸をふくむ

リノール酸のようなオメガ6系の脂肪酸とαーリノレン酸のようなオメガ3系の脂肪酸は、体内の作用を互いに抑制しあう関係であり、この比率が皮膚アレルギーや関節・腸・腎臓などの炎症性疾患などにとても重要なので、バランスを保った摂取が重要とされています。

関連ページ
犬にとって「水」は> 犬にとって「タンパク質」は> 犬にとって「脂質」は> 

TOP PAGE▲
犬の食べ物トップ▲