犬のグルーミングスキンシップ

ブラッシング、シャンプー、耳そうじ、爪きりなど犬の体のお手入れのことをグルーミングといい、健康維持だけでなく、体にさわる事で皮膚の異常やトラブルを早期発見にもつながるのでとても大切な時間です。

どのお手入れも、いきなりすると怖がったり嫌いになってしまう原因になってしまうので、まずは幼犬のころから体のどこを触られても大丈夫になるようにスキンシップからはじめましょう。

首やおなかの辺りをなでられるのは好きでも、鼻先や口まわり、足の裏、しっぽを触られるのは苦手なこが多いです。最初は犬がなでられても平気・好きなところからはじめて、その延長線で苦手な部分にもやさしく触れていきます。犬が嫌がったら無理せず、犬が気持ちのいい部分にもどり落ち着かせます。

飼い主さんのやさしい声がけも大切ですよ!

このくりかえしで慣れさせていくといいです。そして、かならず最後は犬が気持ちのいい部分をなでて終わること。おとなしくできたらいっぱい褒めてあげましょう。そして、ブラシなどの用具は最初のうちは見せるだけにする、一度に爪をきろうとしない、など徐々に慣らしていきましょう。

あとで遊んであげたり、ごほうびをあげるなどいい事があると関連づけさせるのもわかりやすいようです。

お手入れをする前に、飼い主さんは自分のつめを切っておきましょう。

TOP PAGE▲
犬のケア・お手入れトップ▲