犬伝染性咽頭気管支炎(アデノウイルス2型感染症)

犬アデノウイルス2型の感染により発症します。(犬アデノウイルスには1型と2型の2種類があります。)

この病気単独では死亡率は高くありませんが、他のウイルスとの合併症をおこすことで、症状がおもくなり死亡率も高くなる、咳をおもな症状とする呼吸器系の伝染病です。

感染犬の排泄物に直接ふれたり、においを嗅いだりして吸い込むことで経口・経鼻感染します。感染すると咳、くしゃみ、鼻水など気管支炎の症状が見られ、ひどくなると肺炎をひきおこす。

致死率が高いため、子犬期からのワクチン接種で予防することが大切です。

おもな犬の感染症

TOP PAGE▲
犬の病気トップ▲

CONTENTS

Pick Up

しぐさでわかる愛犬の医学―応急対応から治療、介護、日常の注意まで 病気丸わかり百科
うんちがおかしい、でない、おしっこの色がおかしい、お尻を地面にこすりつける、水をガブ飲みする、吐く、皮膚がおかしい、体をかく、体をさわられるのを嫌がる…etc 愛犬のしぐさから病気をチェック。
子犬の健康管理や老犬の病気や介護まで幅広く掲載しており便利です。