犬の椎間板ヘルニアの予防

椎間板ヘルニアを予防するためにできることはたくさんあります。
生活環境と日々の習慣となっていることを見直しましょう。

すべりやすい床に注意

室内で犬と暮らす場合、比較的お手入れがラクなフローリングにされている家庭が多いようです。しかし、フローリングは犬にとってとても滑りやすく足腰や関節に負担がかかります。犬の爪がのびすぎていたり肉球のケアを怠っているとさらに滑りやすくなり、犬にとってとても危険な床と化します。

また、階段やソファーなど自分でジャンプして上り下りしてしまったり、室内でも走り回ったり飛び跳ねたり運動量が多い犬にとって、着地点が滑るということがとても危険です。しつけをすることも大切ですが、かならずマットなどを敷いて滑らないように気をくばってあげましょう。

犬との遊び方に注意

フリスビーやボールを使った遊びなどで無理なジャンプをしたり、後ろ足から着地させてしまうような場合は腰椎に、ひっぱりあいっこなどで急に強くひっぱったり、ひっぱる向きを急に変えたりする場合は頚椎に負担がかかります。

飛び跳ねさせる遊びは避けること。ボールは弾ませないで転がそう。おさんぽ時のリード操作も同じことがいえるので、首輪より胴輪のほうがおすすめです。

犬の正しい抱き方・おろし方

また、抱っこするときに犬の胴体のまん中から手をいれてもちあげたり(小さい子供さんが犬を抱っこしようとするときによく見られます)、犬の前足を脇から抱き上げ腰がぶらぶらした状態になったり、その状態で後ろ足から降ろしたり、降ろすときに途中で手をはなして跳びおりさせたりすることも危険です。

犬を抱き上げるときには犬の横にまわり、片方の手は犬の胸のあたりを手でささえ、もう片方の手や腕で後ろ足から前足にむかって腰をはさみこむようにして、地面と水平に抱きあげ抱えるようにします。降ろす時もそのままゆっくり。

犬の肥満は危険

犬を肥満にさせないようにすることも大切です。愛犬の背中をなでてみて、背骨をさわることができますか?背骨が感じられない、犬を上から見てみて腰のくびれがない場合、肥満体型です。ダイエットをしたほうがよいです。

老犬では加齢による骨の変性、肥満になると体重により背骨に負担がかかるため椎間板ヘルニアになりやすくなります。体重を考慮した食事の管理、適度な運動量に気をくばりましょう。

椎間板ヘルニアの治療・リハビリ

もし愛犬が椎間板ヘルニアの症状がみられたら、できるだけ早く信頼できる動物病院へいき診てもらいましょう。そして、安静にすること。さきにのべた予防策をして、症状を悪化させないようにしてあげましょう。

治療には針灸による温存療法と投薬治療による内科的治療、そして手術による外科的治療があります。治癒率は犬の年齢や、疾患の程度によりかわってきます。治らない場合は、歩けなくなることもあり、介護生活となります。

お友達わんこ(Mダックス9歳)も突然、歩けなくなり病院へ行ったところ椎間板ヘルニア(初期)と診断され、1〜2日は絶対安静で緊急入院しました。うけた治療は強いステロイドの点滴と朝晩の薬がかかせません。退院後1週間は自宅で安静に・・・というものでした。

さいわい、まだ初期であった事と治療、飼い主さんのケアがうまくすすみ、普通に歩けるまでに回復しました。たった1泊2日の入院治療費でかかった費用は約13.000円。投薬、治療が長期にわたるとかかる費用の負担はとても大きくなります。

関連ページ 犬の椎間板ヘルニアとなりやすい犬種

TOP PAGE▲
犬の病気トップ▲

CONTENTS

Pick Up

本間アニマルメディカルサプライ
動物病院全面サポートのペット用処方食・医薬品・用品の総合販売
獣医師への無料相談やWEB診療受付サービス、在宅検診サポートなども充実しています。