口がくさいのは危険!?

愛犬の口がなんだかくさいと感じたことはありませんか?
ひょっとしてそれは、なにかの病気のシグナルなのかもしれません。

健康な犬は口臭がしないんですって。愛犬の口は臭くないですか?しきりに鼻面をこすったり、前足で口のまわりをかくようなことはありませんか?愛犬の口の中を見たことがありますか?
歯の色が黄色っぽくないですか?歯茎は腫れていませんか?

口臭の主な原因は、歯垢や歯周病によるものです。

は虫歯より歯周病

犬の口腔内の病気でもっとも発生率の高いのが歯周病なんだそうです。犬は虫歯にはなりにくく、歯周病にはなりやすいようです。なんと3歳以上の80%以上が歯周病にかかっているといわれています。また高齢化やストレスが原因となってますます増えているようです。

歯周病になると、まず歯ぐきが腫れて「歯肉炎」になり、ほうっておくと歯がぐらつき「歯周炎」へと進行します。症状は、歯ぐきからの出血、膿がたまる、歯が抜ける、歯をささえている骨が折れたり穴があく…。これだけでは終わりません。

最終的には、細菌が血液に入って全身にまわり、さまざまな臓器の機能障害をひきおこします。歯周病がひどい犬は、心臓疾患を併発していることがおおく、関連性が指摘されています。

他にも、胃腸がよわっていたり腸管に炎症や潰瘍があることによって、口臭があるのかもしれません。また、腎臓疾患や糖尿病などの原因の可能性もあります。

愛犬の口があきらかに臭いときには、動物病院で一度相談してみてください。

TOP PAGE▲
犬の病気トップ▲

CONTENTS

Pick Up

本間アニマルメディカルサプライ
動物病院全面サポートのペット用処方食・医薬品・用品の総合販売
獣医師への無料相談やWEB診療受付サービス、在宅検診サポートなども充実しています。