狂犬病予防ワクチン接種時期と料金のめやす

畜犬登録後は市区町村より予防注射の案内の通知がきます。狂犬病予防ワクチンは、毎年4〜5月ごろ各自治体で行われる集合会場や、動物病院では年中受けることができます。

接種時期は、基本的には生後3ヶ月をすぎたら1回接種します。
しかしこの時期は混合ワクチンを優先するので、実際には混合ワクチン接種後、生後4〜5ヶ月ごろに接種することが多いようです。その後、年1回4〜5月に追加接種します。

ワクチン接種にかかる料金には動物病院によって異なりますが、
初回は畜犬登録を含めると、6.000〜7.000円前後ぐらいです。

畜犬登録は一頭につき1度登録すると、その愛犬は生涯有効なので2回目以降は必要ありませんから、1頭につき1生涯3.000〜4.000円前後くらいです。

ちなみに我が家の愛犬がお世話になっている動物病院では以下の料金です。
畜犬登録料(初回のみ) 3.000円
狂犬病予防ワクチン接種料 3.200円

関連ページ
狂犬病 症状と感染経路
海外での狂犬病事情
犬や動物に咬まれたら
狂犬病ワクチンの必要性
狂犬病ワクチン接種時期と料金
人畜共通感染症とは
狂犬病予防法について

TOP PAGE▲
犬の病気トップ▲