非常用の備えも必要

家族同様の愛犬とともに避難することができるように、携帯用のケージやリード、ペットシーツなどの備えが必要です。しかし災害で避難所生活を余儀なくされた場合、避難所施設にペットは持ち込めない場合が多いのが現状のようです。

人と同様に愛犬のための3日間程度の食事と水、万が一はぐれてしまった時のために鑑札や名札、身元のわかるものなどをしっかり首輪などにつけておくことが大切です。しかし首輪などは外れてしまう可能性もあり、できれば体に埋め込むマイクロチップが有効とされています。

避難所や救援所などでの伝染病のまん延を防ぐため、ワクチンや予防接種を受け、ノミ・ダニ予防、フィラリア予防など、日頃からしっかり健康管理を行うことが大切です。

狂犬病ワクチンは接種が義務づけられていますが、愛犬に接種させていない飼い主さんも少なくありません。でも、信頼できる知人などに急に預かってもらうことなるかもしれないということも考えて、狂犬病ワクチンの接種も忘れずにしっかり行なっておくとスムーズです。

また、吠える・トイレなどの問題でトラブルのもとになりやすいので、日頃からしっかりしつけておくことも大切です。

専用の救急セット・非常用セット

愛犬用の救急セットは日常でのトラブル時にも便利です。
災害時には救急セットもあわせて以下のものを準備しておくと役にたちます。

救急セット>

  • 消毒用ガーゼ
  • 包帯(伸縮バンテージングテープが便利です)
  • 綿棒
  • ばんそうこう
  • 消毒用アルコール液
  • イソジン液
  • 脱脂綿
  • 止血剤
  • 定規または木片(骨折などのときの固定につかいます)
  • 水くみ容器
  • ハサミ・安全カミソリ・ピンセット
  • 口輪(痛みで飼い主さんにさえも噛みつくことがあります)
  • 携帯酸素・湯たんぽ

<プラス非常用に用意しておくもの>

  • 常備薬
  • ペットシーツ、トイレットペーパー、マナー袋(糞処理)
  • 最低3日分の食料(ドライフードと火災に強い缶詰)と水
  • 犬ガムなどストレス解消できるオヤツ
  • 犬用靴(足裏のケガ予防。バンテージングテープでも代用できます)
  • キャリー(キャスター付が便利)
  • 首輪、リード(身元がわかるようにしておく)
  • 介護が必要な愛犬はそのアイテム
  • 愛犬の情報をまとめたメモと飼い主さんと一緒の写真、ペン

TOP PAGE▲
犬の住環境と暮らしトップ▲