犬ブルセラ症とは

ブルセラ症(brucellosis)とは、Wikiによるとブルセラ(Brucella)属の細菌に感染しておこる人獣共通感染症で、日本においては家畜伝染病予防法に基づく家畜伝染病、感染症法における四類感染症に指定されています。

ブルセラ症は牛、豚、ひつじ、ヤギ、犬、海洋動物に感染します。犬を宿主とする菌はBrucella canisで、日本では現在でも感染の報告があります。2003年静岡で51頭、2005、2006年沖縄で18頭、2007年大阪で139頭、愛知で14頭、2008年東京・千葉で18頭となっています。

犬がこのブルセラ症に感染すると、メス犬の場合では流産が多くなるなどの繁殖障害が、雄では精巣や前立腺などに影響がでます。

感染犬との交配、糞尿などから感染し、見た目では感染しているかどうか判断できないため知らない間に感染していたり、集団感染する可能性もあります。予防ワクチン・対処ワクチンもないため、現在では感染犬はかわいそうですが殺傷されることになっています。

見た目には犬が感染しているかどうか判断できないため、何度も流産するといった場合、この感染症の可能性があります。検査の結果、犬が感染している(陽性)とわかったら飼い主さんも感染している可能性があるので、検査をしたほうがよいでしょう。

ブルセラ症は人畜共通感染症のひとつでヒトへの感染経路はおもに3つあります。細菌に汚染されたものを飲食する、細菌を吸い込む、皮膚の傷や眼の結膜などから細菌が侵入するといった場合です。治療には抗生物質を投与します。対処ワクチンは現在開発中とのことです。

愛犬のペロペロ・キス攻撃・・・
犬の友好的なきもちや喜びをあらわしているのか、おいしいニオイがするからなのか???ですがこれも感染経路の大きなひとつというわけです。

愛犬に食べ物をおすそわけするのに、同じ箸やスプーンなどであたえてそのツールをまた人がつかったりする場合も同じ可能性があります。(味つけされた人の食べ物を犬にあたえるのは基本的にNGですよ)

ヒトに感染すると発熱、発汗、頭痛、背部痛、体力消耗というような風邪ににた症状がでます。重症化すれば脳炎、髄膜炎などの中枢神経の炎症や心内膜炎、骨髄炎を起こすこともあるので注意が必要です。

気になる人への感染例ですが、2008年2月名古屋で2名の感染報告があります。また同年10月に集団感染のニュース報道がありました。愛犬との濃厚な接し方には、気をつけなければいけません。

参考
ブルセラ症 ウィキペディアフリー百科事典

関連ページ
犬レプストピラ病
犬ブルセラ症
狂犬病
人畜共通感染症とは

TOP PAGE▲
犬の病気トップ▲

CONTENTS

Pick Up

しぐさでわかる愛犬の医学―応急対応から治療、介護、日常の注意まで 病気丸わかり百科
うんちがおかしい、でない、おしっこの色がおかしい、お尻を地面にこすりつける、水をガブ飲みする、吐く、皮膚がおかしい、体をかく、体をさわられるのを嫌がる…etc 愛犬のしぐさから病気をチェック。
子犬の健康管理や老犬の病気や介護まで幅広く掲載しており便利です。