ドライフードと酵素不足について

ドライフードは誰でも簡単に一定レベルの栄養バランスの食事を与えることのできる、画期的な犬用ごはんです。しかし、酵素不足という点での問題が指摘されています。

なぜかというと酵素は熱によわいため、一般的に熱加工されるドライフードの多くは酵素の働きについてほとんど期待できないからです。缶フードについても同じです。

酵素は、食べ物を消化し吸収するために必要な消化酵素の働きだけではなく、筋肉を動かしたりする代謝の働きがあり、生命の維持にとても大切なものです。もともと人間も動物もうまれつき酵素をもっていますが、その量や質は個体差があり、年齢とともに減っていきます。

たとえば人の場合でも、年齢とともに脂っこい食事がニガテになっていくことがあると思います。
脂肪分の多いお肉などを食べる時には生野菜を一緒に食べたり、焼き魚に大根おろしをそえたりと消化しやすくなる工夫をしています。

犬も人とおなじ動物。だからできるだけ生まれ持った酵素を減らさないために、減るのを遅らせるためにドライフード派はもちろん手作りごはん派もこの酵素を補給してあげることは愛犬の健康と長寿にとても大切なのです。

また酵素はビタミンやミネラルの働きを助ける役割をもはたしている、つまり酵素がなければビタミンやミネラルは身体の中でじゅうぶんに働くことができません。愛犬にビタミンやミネラルのサプリメントを与えるなら、酵素もあわせて与えるほうが効果的なようです。

酵素が多くふくまれる食材

  • 生の肉・魚
  • 生野菜
  • 果物
  • 納豆などの発酵食品

酵素は上にあげた新鮮な生の食べ物や発酵食品に多く含まれています。

ただし生野菜については、フードやおやつにたくさん与えすぎることはあまりおすすめできません。本来吸収されるべき栄養素も繊維がさらって排泄してしまうからです。

果物も意外と糖分が多くふくまれています。どんなによい食材であっても、ひとつの食材にかたよった与え方はあまりよくありません。バランスや量に注意してくださいね。酵素をおぎなうサプリもありますから、うまく利用するとよいと思います。

生食」が注目されています

手づくり食を実践されているオーナーさんたちの間で、注目されているのがこの酵素をたっぷりとることのできる生食(生の食事)なのです。ガンをわずらっている犬にもとても有効とされています。
しかし、生の状態で取り入れることが体質的にあわない犬もいます。その場合は良質なサプリメントで摂取することをおすすめします。

TOP PAGE▲
犬の食べ物トップ▲