無添加ペットフードと酸化

ペットフード(ドライフード)全般に言えることですが、開封後かならず酸化していきます。
温度や湿度の高い環境ではそのスピードは早まります。徐々に栄養分はおち、香りはとんでなくなっていきます。酸化したフードを与えつづけると、食欲減退、発疹、下痢などの症状がでてきます。

無添加のフードやナチュラルなおやつは賞味期限が短く、保存の状態によってはすぐに傷みますから、安いときにまとめ買いするのはオススメできません。

また、開封後は冷蔵保存となっているものが多いです。
開封していなくても冷蔵保存を指定しているプレミアムフードもあります。
どんなに良いフードやおやつでも、与える時点で傷んでしまっていては高いお金をだして選んでいても意味がありませんし、愛犬によくありません。

考えてみてください。わたしたち人間が食べるもので開封後、何ヶ月ももつ食べ物はありますか?カビがはえたり腐るはずです。逆にいうと、カビが生えない腐らないペットフードはこわい。

ドライフードにおいては、開封後1ヶ月以内で愛犬が食べきれる量の袋を選ぶことが大切。
大きい袋のほうが割安だからと安易に選ばないようにしましょう。

一度封をあけたら、封を閉じるときには中の空気を 出し切ってからジッパーをしっかり閉じましょう。そして直射日光にあてない、温度や湿度の管理など保存の状態・場所には気を配り、酸化を防ぐために小分けしたり、密封できる容器で保存しましょう。
お菓子によく入っている湿気とり(エイジレス)も有効です。とにかく開封後は、早めに使い切ることが大切です。

TOP PAGE▲
犬の食べ物トップ▲

CONTENTS

shop

FINEPET'Sドッグフード
原材料100%明記。食品安全先進国オーストラリアの原材料を使い、厳格な品質管理を誇る現地生産ラインで作られている化学合成添加物無添加、肉類主体の安全、安心なペットフードです。