危険ペットフードをさけるために

犬にとって粗悪なペットフードを避けるために参考になればと思い、ペットフードをえらぶ際に注意したほうがよい点をピックアップしています。

あいまいな原材料表示のあるフードをさける
肉類・野菜類・動物性油脂・植物性油脂・ビタミン各種・・・などといった
あいまいな原材料表示のあるフードは避けましょう。どんなものかまったくわかりません。

副産物・副産物粉表示のあるフードはさける
副産物・副産物粉などと表示されているフードは避けましょう。
AFFCOの定義によると肉以外の・・とありその安全性ははっきりしていません。

主原料をみきわめる
犬の本来の食性を理解し、主原料はなにかを見極める

フードの形状・着色・キャッチコピーにまどわされない
フードの風味付け、形状や色は犬にとって必要ありません。合成調味料、着色料、香料などが添加されているということ。またメディアやCM、ブランド、パッケージのキャッチコピーを信用しないこと。

危険な合成添加物を使用しているフードはさける
酸化防止剤(エトキシキン・BHA・BHT)や、
保存料、漂白剤、防カビ剤などの合成添加物を使用しているものは避けましょう。

塩分・砂糖・キシリトール添加のあるフードはさける
塩分や砂糖、キシリトールなどの合成甘味料などを添加しているものは避けましょう。

人間の食品レベル基準をクリアしているか
人間の食品レベル基準をクリアしている、
人が食べれるレベルの原材料を使用しているフードは安心度がちがいます。

賞味期限が長いフードはさける
賞味期限が長いものは避けましょう。開封して1ヶ月以内・未開封で1年につかいきれるものを。
自然界のものはすべて酸化し、腐ります。酸化防止・品質保持に使われるビタミンCは12時間で効力を失い、ビタミンEでも1ヶ月は持ちません。賞味期限が長いものは添加物量があやしい。

カスタマーサポート体制があるかどうか
お客様相談の窓口があり、メーカーがきちんと対応してくれるかどうか

極端に格安なフードはさける
ホームセンターなどの量販店などで入手できる格安なぺットフードは避けましょう。愛犬の1食分はいくらになりますか?その値段で栄養満点だとか栄養バランスが整っているはずがありません。

並行輸入品のフードはさける
並行輸入品(ラベルが全部英文です)は避けましょう。
並行輸入品は正規品とちがい、輸入ルートが不明、温度管理もされない格安な輸送手段であったりして、日本に届いた時点でのペットフードの品質に疑問があります。

愛犬のために責任をもってフードを選んであたえてあげてほしい。どんなフードを与えているのかわかってほしい。ペットフードの現状をよく理解すれば、粗悪なペットフードを避けることができます。自分で見極める目をもつことが必要な時代です。

ペットフードをパッケージやキャッチコピー、値段で安易にえらばないでほしいです。原材料の品質の詳細安全性の証明、契約農家や製造工場までもくわしく公開するなどしている良心的なペットフードメーカーもあります。

確かに、安いフードを食べていてもなんのトラブルもなく長生きする子もいます。でも、フードが原因で病気になったり・トラブルで悩む子もたくさんいるのです。

TOP PAGE▲
犬の食べ物トップ▲