にとって必要な栄養タンパク質

タンパク質」は筋肉や臓器、皮膚、被毛、血管などの身体の基本構成成分で、体内でさまざまな働きをします。犬は人間の4倍ものタンパク質が必要とされています。

タンパク質には肉・魚・卵などの動物性タンパク質、豆類・穀類などの植物性タンパク質がありますが、犬は本来肉食動物であるため、動物性タンパク質は消化吸収しやすいのですが植物性タンパク質の消化吸収はニガテとされています。

一般的に、動物性タンパク質のほうが植物性タンパク質にくらべて高い生物価をもっています。
※生物価とは体内に吸収されたあと、おしっこやうんちとして排泄されずに体内に保持されたタンパク質の割合を比較する指数のことです。

また動物性タンパク質は、必ず食品から摂取しないと合成できない必須アミノ酸をバランスよくふくむタンパク質で栄養価が高く、犬のタンパク質源としてもっとも適しています。

しかし、現在市販されているドライフード等はたんぱく質より穀物のほうが多量に使用されているものがとても多いのです。またその穀物もわたしたちが口にしない部分や残りカスのような部分を使用していたり、安価におさえるためのカサ増しとして穀物が使用されている場合もあるようなので驚きます。

関連ページ
犬にとって「水」は> 犬にとって「タンパク質」は> 犬にとって「脂質」は> 
ペットフードの主原料をみきわめよう ペットフードの原材料を理解しよう

TOP PAGE▲
犬の食べ物トップ▲