天然界面活性剤せっけん

犬用、人用問わず、洗浄成分が石油からできた合成界面活性剤(合成洗剤)の危険性が指摘されています。そこで注目されているのが天然界面活性剤の代表であるせっけんです。せっけんは弱アルカリ性で、自然界に存在しない、生成されない合成洗剤とは違う大きな利点があります。

せっけんは、川や海に流れ出ても水の中のカルシウムやマグネシウムと結合し、その結合した物質は微生物によって分解されたり、小魚の餌になります。つまり、せっけんは合成洗剤とは違って、成分が皮膚へ残留したり浸透することはありません。水環境を汚す事がなくお肌にも地球にもやさしいのです。

ただし、残念ながらせっけんであっても合成界面活性剤(合成洗剤)がミックスされた複合せっけんや人工香料などが添加されたものが多く出回り、本物の天然のせっけんをさがすのに苦労する時代となっています。

成分表示に「純せっけん」「せっけん素地」と書かれているものが天然のせっけんで、純せっけんに含まれる天然の界面活性剤は脂肪酸ナトリウムと脂肪酸カリウムのみです。それ以外は合成の界面活性剤です。

脂肪酸ナトリウムとは水酸化ナトリウムによって製造されるせっけんで個体の形状、脂肪酸カリウムとは水酸化カリウムによって製造されるせっけんで液状となります。

原料はヤシ油などで天然であっても、化学合成により作られた合成界面活性剤であれば合成洗剤ですから、紛らわしいですが成分表示には注意が必要です。

  • ヤシ油脂肪酸カリウム ○ 天然成分
  • ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド × 化学合成物

関連ページ ペットシャンプー・合成界面活性剤(合成洗剤)の危険性

TOP PAGE▲
犬のケア・お手入れトップ▲