ペットシャンプー合成界面活性剤危険

犬用、人用問わず、洗浄成分が石油からできた合成界面活性剤(合成洗剤)の危険性が指摘されています。

合成洗剤は強い毒性があり、皮膚に残留し、浸透してどんどん内臓へ蓄積されてしまうのです。皮膚のうるおいを取り去り、保湿力も弱まります。さらに皮膚の細菌や有害光線を防ぐバリア機能も弱めてしまい、とても危険です。また、分解性が悪いので、川や海、地球にも悪影響を及ぼします。

私達が普段当たり前のようによく使うシャンプー、ボディソープ、ハンドソープ、洗顔フォーム、食器洗剤、洗濯洗剤はほとんどが合成洗剤です。ベビー用だから安心とは言いきれません。少量だから大丈夫?本当にそう思いますか?毎日、使用するもの。気づかないうちに蓄積されていくのです。

「ナチュラル」「自然派」だとかの表示があっただけで安心して買っていませんか?少しハーブエキスを含んでいるだけで合成洗剤に変わりはなくとも、その商品がハーブでつくられていてやさしいものだと感じ取ってしまう…

そんな私たちお客側の知識不足というか意識の低さに問題があるかもしれません。今まで、私も香りやパッケージ、キャッチフレーズに騙されて大丈夫だろうと安易に選んでいました。

そのほか、シリコン、合成保存料などの合成化学物質が添加されているものも多く、これらの化学物質により化学物質化敏症やアトピー、皮膚病が発生している可能性が高いのです。
それは人だけの問題ではなく、動物たちにも及んでいます。

最近、アトピーやアレルギーなどの皮膚トラブルがある犬が増えているのも関係があるのではないかと考えています。シャンプーしたばかりなのに、フケがでたり痒がったり、体臭が気になったり。

もちろん、これがすべての根源であるとは言いきれませんが、合成化学物質が添加されているシャンプーが原因になっていたり、症状を悪化させている可能性があると思いませんか。

また、犬は体を舐めます。シャンプーや身体につけるスプレー類の残留成分が溶け出して、口からも進入するかもしれません。本当に安全なものを飼い主が見極めてあげなければいけないと思います。犬用に限らず、私達人間も。

主な合成化学物質の一例

  • 【合成界面活性剤】
  • ラウリル硫酸、塩化ステアリルトリメチルアンモニウム、アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(ABS)オクトキシノール 、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩
  • 【防腐剤】
  • バラベン、安息香酸、酢酸トコフェロール、ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)、エデト酸塩、サリチル酸
  • 【その他乳化剤等】
  • ジブチルヒドロキシトルエン( BHT )、パラフィン、ポリエチレングリコール、プロピレングリコール、ステアリン酸

TOP PAGE▲
犬のケア・お手入れトップ▲