にやさしいシャンプー選び

犬用せっけんは必要な分だけ切って使います。

愛犬のシャンプー、どのように選んでいますか!?香りやお値段で選んでいませんか?

最近、人間とおなじでアレルギー症状のでる犬が増えているようです。犬の皮膚はとってもデリケートです。シャンプーが原因で皮膚トラブルが起きていることもあるため、シャンプー選びも慎重にしてあげたい。

シャンプーは人間用のものではなく犬専用のものを使い、皮膚にやさしい天然成分でできた低刺激のものを選びましょう。

ペットのシャンプーには全指定成分の表示義務がないので、はっきりいって何が含まれているかわかりません。指定成分とは薬事法により国が認めた、人に使用した場合にあきらかに害があると認めた成分のこと、つまり有害な成分のことです。

犬用、人用問わず、洗浄成分が石油からできた合成界面活性剤(合成洗剤)の危険性が指摘されています。
そこで、せっけんが注目されています。

せっけんは合成界面活性剤(合成洗剤)とは違い、川や海に流れ出ても水の中のカルシウムやマグネシウムと結合し、その結合した物質は微生物によって分解されたり小魚の餌になるので、環境を破壊することはなく自然分解されます。
すすいでしまえば洗浄成分が皮膚や被毛に残る事がないので、愛犬にも安心して使えます。

ただ、せっけんでも合成洗剤をミックスされたものや人工香料など添加されたものが多くでまわっていますから、注意が必要です。犬用の無添加のせっけんをえらぶことをおすすめします。

わが家も最近、2ワンのシャンプーに犬用の無添加せっけんを使うようになりました。1回分の分量を包丁でカットしておいて使います。

せっけんでのシャンプーはフケの原因になることがあるので、とにかくよ〜くゆすぐことがポイントです。リンスは使わなくてもしっとりふわふわの仕上がりです。


TOP PAGE▲
犬のケア・お手入れトップ▲