シャンプー頻度

犬のシャンプーの頻度は、犬の種類や年齢、健康状態や季節などによってちがってきますが、目安としては月に1〜2回くらいです。愛犬の体調のよいときににあわせてシャンプーしてあげましょう。シャンプーはしすぎても少なすぎてもよくありません。

シャンプーしかた

犬のシャンプーは水ではなくお湯を使います。我が家ではお風呂を利用しています。38〜39℃くらいが適温です。夏場はすこしぬるめのお湯でもよいです。飼い主さんはツメをきっておくのを忘れずに!

シャンプーが苦手なこや体調がわるいときには、無理にシャンプーせずに蒸しタオルなどで体を拭いてあげるとよいです。また、ワクチンの前後は避けましょう。

1.まずはブラッシング
シャンプー前にまず全身をよくブラッシングして、抜け毛やもつれ、毛玉などを取り除いておきます。そうしないと、被毛のの根元まで洗えませんし、もつれているところにシャンプーが残り、皮膚炎の原因にもなります。

2.お湯のシャワーで洗う
シャワーは、いきなり頭や顔にかけたりしないで、後ろ足やお尻から順に頭のほうへと全身にシャワーをかけ、被毛の汚れを落とします。被毛の根元までしっかり濡らし毛穴をひらきます。シャワーは怖がることがあるので、シャワーヘッドを皮膚にに押し付けるようにして「ジャー」音がしないように気をつけると、汚れも浮きでやすく愛犬も安心感があるようです。このシャワー時に、肛門腺がたまっているこは絞っておきます。

3.シャンプーをつかって洗う
犬専用のシャンプーを薄めて使います。もしくは犬用のせっけんを泡立てて使用します。後ろ足やお尻から順に、皮膚が傷つかないように指の腹でマッサージをするようにゆっくり優しく洗います。指の間や爪、汚れがたまりやすいところはもみこむようにして部分洗いをします。わきや後ろ足のつけ根も汚れがたまりやすいところ。顔や鼻の部分はいちばん最後。愛犬の顔を両手で包み込むようにして、やさしく洗います。

4.お湯でしっかりすすぐ
すすぎは、お湯のシャワーを頭の部分からかけ始めて首、背中、腹と下のほうへ降りていき、最後に足の裏を流していきます。目や耳に少々の水が入っても大丈夫ですが、鼻に水が入るのを極端に嫌がるので、シャワーをかけるときは鼻を上に持ち上げて、水が入らないように気をつけてあげましょう。すすぎが不十分だと皮膚病の原因になるので、とにかくよくすすいで。お腹周り、足のつけ根、足まわりなどシャンプーが残りやすい部分は注意しましょう。

5.リンス〜すすぎ
あらかじめリンスは洗面器などに分量のお湯で薄めておき、頭や背中の部分から足へ、上から下へなじませます。リンスもしっかりお湯シャワーですすぎます。

6.しっかり乾かす
手でなでるようにして、被毛の水毛を切ります。その後、吸水性の高いタオルを使うと、手早くタオルドライができ便利です。使い方のコツはこすらずに体におしつけるようにして水分を吸わせます。我が家でも使っていますがこれは必需品です。

愛犬が身体を振るわせても、水しぶきがとばないくらいになったらいよいよドライヤー。近づけすぎないように気をつけながら温風で、手ぐしやブラシを使いながら地肌までしっかり乾かすようにします。我が家ではスリッカーブラシでとかしながら乾かしています。フケや皮膚炎、ニオイの原因にならないように、完全に乾かしましょう。

愛犬の体全体をさわってみて冷たいところがあったら、まだ渇いていないということです。その後、コームでとかし整えます。暑い季節のドライヤー時は、熱気がこもって熱中症になる場合があるので、温風冷風をうまくつかったり扇風機などで外へ熱気を逃がしたりして空調に気をつけてあげましょう。

TOP PAGE▲
犬のケア・お手入れトップ▲