吠える:にあったレメディをさがす

犬が吠える原因にはさまざまな理由が考えられます。犬にとって無駄に吠えるということはありません。かならず原因があるから吠えるのです。犬の習性を理解すること、愛犬の性格にあわせた環境づくりも大切です。どんなときに愛犬は吠えることが多いのか、よく観察しましょう。

チコリー
飼い主の目を引きたい、独占したがるとき。甘えからくる要求吠えに。

ミムラス
社会化不足などによる人見知りや怖がりが原因で吠える場合。カミナリや花火、特定の人など、原因がわかっている恐れに。恐怖や不安をやわらげる効果があります。

スターオブベツレヘム
過去に他の犬に対して嫌な思いをしたことがあるなど、トラウマをかかえている場合に。

バーベイン
興奮しやすく、吠え続ける。周囲の出来事、変化に興味シンシンで飛びついていくような場合に。

上記のレメディをふくめ、フラワーレメディは38種類あります。
それぞれ選ぶ目安となる指標を参考にして、愛犬にあうレメディを探しましょう。

リンク先:ホリスティックケア・カウンセラー養成講座サイズ:468x60

関連ページ

TOP PAGE▲
犬のケア・お手入れトップ▲