お手入れ

ジメジメとした季節やとくに垂れ耳わんこはトラブルがおきやすいので注意が必要です。
愛犬の耳のニオイ気になりませんか?

汚れたままにしておくと雑菌が繁殖したりして悪臭の原因になります。また、犬が耳をかいて耳内を傷つけてしまったりすると、耳介が腫れたり状況が悪化することにもつながります。
日頃から耳のなかが汚れていないかチェックしましょう。

1〜2週間に1回を目安に、犬の耳専用のケア用品・洗浄液などをつかってお手入れします。
耳のお手入れ時に暴れたりよく動いてしまうこもいますし、綿棒はあぶないのでおすすめしません。

犬の耳専用のケア用品をガーゼやコットンにふくませ、やさしくふきとるようにします。家庭でのケアはこれでじゅうぶんです。

犬の耳の皮膚はとても薄くて傷つきやすいので、奥まで拭いたり、ゴシゴシ強くこすらないように。赤く炎症してしまったり、かえって状態を悪化させてしまうことにつながります。 

通常、毎日お手入れをする必要はありません。しかしまめにお手入れをしてもすぐに汚れてくる場合は、何らかの菌に感染の疑いがありますので、かかりつけの動物病院に診てもらいましょう。

関連ページ 犬の耳の病気・異常

TOP PAGE▲
犬のケア・お手入れトップ▲