トイレ臭などの消臭重曹

重曹は、家庭で料理に使ったり、薬用では胃薬につかわれたり、お掃除にも大活躍の万能選手。
環境にもやさしく消臭効果があり、犬のお手入れ等に使用することができます。我が家でも実践しているいくつかの活用法を紹介します。その前に使用する重曹について気をつけてほしいことがあります。

※犬の口に入るおそれのある場所、なめてしまう可能性がある場所などで使用する場合、重曹はかならず食用のものか薬用(炭酸水素ナトリウムと表示。薬局に売っています)のものを使用してください。

コンクリート床の消臭に

玄関やガレージなどのコンクリートに犬がそそうしてしまったりすると、なかなかニオイがとれず同じ場所で犬がそそうを繰り返してしまったりします。このようなときには ペットシーツと重曹を使用します。

ペットシーツはオシッコを吸いとるのに使い、すいとった後はその上に重曹をたっぷり振りかけ一晩ほど放置します。その後ほうきで掃きとります。ニオイがとれない場合は2〜3回くりかえしてみましょう。

室内でのそそうに

室内でのそそうの消臭にも重曹はつかえますが、使用する箇所によっては注意が必要です。

フローリングなど材質によってはシミになる場合があります。わたしの経験では、たたみ、コルクマットへの使用は避けたほうがいいと思います。しかし、なかなか丸洗いすることも難しいじゅうたんにはとても便利。そそうした場所にたっぷり重曹をふりかけ、しばらくおいてから掃除機で吸い込みます。
ただ、その箇所がべたつくことがあります。その場合は、酢を水で2〜3倍にうすめたものをふきかけて雑巾などでふきとるとよいです。

ゴミ箱の消臭に

その他、使用済みのペットシーツなどの入ったゴミ箱もとても悪臭がしますよね。こまめに捨てるのが一番ですが、夏場や梅雨時期はとくにニオイが気になりますよね。

おうちで簡単にできる消臭対策としては、ゴミペットシーツの吸い取る側を中におりこんでくるくるコンパクトに丸めてテープでとめてから捨てたり、ニオイが気になるときにはそのゴミ箱内にこまめに重曹をふりかけるとずいぶん違います。

また、赤ちゃんのオムツやペットシーツ専用のニオイをカットしてくれるすぐれたゴミ箱も市販されています。

TOP PAGE▲
犬のケア・お手入れトップ▲