犬の歯みがきを習慣に!

歯みがきのしかた・慣らせかた

基本的にマズル(口まわり)を触られるのがニガテな犬もたくさんいるかと思います。歯みがきしたくてもさせてくれないとお悩みのオーナーさんも多いと思います。

ストレスをやわらげるスキンシップを兼ねている、我が家の愛犬の歯みがき法を紹介します。
一番大切なのは、気長にあせらないことです。愛犬とスキンシップをとりながらゆっくりすこしずつすすめていきましょう。行う前にかならず爪をきっておくことを忘れずに。

1.まずは普段のスキンシップからはじめて

普段のスキンシップからはじめて、犬の口まわり・外側を触られるのに慣れさせることからはじめます。犬の背後にまわり両手でマズルをはさみこむようにして、鼻先のほうから耳のほうへむかって手のひら全体をつかって、やさしくゆっくり撫でるようにマッサージします。

2.歯茎を触られることに慣らせていきます。

指をかるくとじ指先のやわらかい部分をつかって、口の外側を鼻先のほうから耳のほうへむかって円をかくようにマッサージします。落ち着いているようであれば、人さし指を唇のしたにすべらせ、歯茎にそって同じように円をかくようにマッサージします。
こうして唇をめくることにも慣らせていきます。犬の口に指をいれるとき、いれているときは慎重に。2.まで落ち着いてできるようになったら、次のステップ!

3.ガーゼを巻きつけた指をいれて歯や歯ぐきをマッサージしていきます。

ガーゼのかわりに綿の手袋などを使うのも便利。まずは前歯の外側から慣らして、そして徐々に奥歯に進んでいきます。最終的には歯の内側までできるといいですね。

4.ガーゼでも平気なら、いよいよ歯ブラシでチャレンジ!

歯ブラシは犬専用のものもありますが人間用のでもOKです。でも小児用などの毛先がやわらかくてできるだけヘッドの小さいもの、毛足が短いものを使うといいようです。

歯槽膿漏?の人向きの歯ブラシも小児用の歯ブラシより毛先がやわらかくていいみたいです。でも毛先が長いので、奥歯はブラシが入りにくくて磨きにくいかも。毛先をカットするのもひとつの方法です。

歯ブラシの使い方は歯と歯ぐきの溝に45度の角度であてて、前後に動かすバス法というのが効果的なようです。犬の歯のエナメル質は人間よりうすいので、みがくときはあまりゴシゴシこすりすぎないようにしましょう。

とにかくあせらず、ゆっくり!

最初に嫌なイメージがついてしまうと、なかなか言う事を聞いてくれなくなるのであせらないことです。我が家の犬たちも最初は歯ブラシに興味シンシン!歯にブラシをあてるのが精一杯でした。

大切なのは、あせらずゆっくり慣らせていくことです。
やさしく話しかけながら、犬の反応をみながら無理せずに行うことです。
嫌がったらすぐにひとつ前にもどり、それ以上無理に進めないこと。
落ち着いていられたら、かならずほめてあげましょう。

ここで紹介している歯みがきはホリスティックケアのTタッチの手法をとりいれています。

犬の唇や口のTタッチは、犬猫の感情にとてもよい影響をあたえてくれます。恐怖やストレスを感じやすい子、神経質な子、慢性的に吠える子などに効果を発揮し、リラックスできるように整えていきます。

ですから歯みがきができるようになってからも、できるだけ上の1〜4の手順は歯みがき時にひととおりしてあげてほしいと思います。愛犬にとって大好きな歯みがきの時間になりますように。

TOP PAGE▲
犬のケア・お手入れトップ▲

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

CONTENTS

おすすめ歯のケア

アースリーフ デンタルジェル歯みがきはもちろんマッサージに使えます。すすぐ必要なし。歯みがきがニガテなこには、ガムや鼻先に塗って舐めさせるだけでも違いますよ。