ブラッシング

わが家では換毛期の下毛処理にはファーミネーターが大活躍です。

ブラッシングは、体についたほこりやゴミ、虫を落としたり、死毛や抜け毛をとりのぞいたり、皮膚の血行を良くして新陳代謝を促進してツヤのある健康な被毛をつくるために欠かせません。
死毛(不要な毛)や抜け毛、体についたほこりなどをとりのぞき、皮膚の新陳代謝をよくして被毛の健康にやくにたつとても大切なケアです。

お散歩後のブラッシングはもちろん、季節のかわる春と秋の換毛期にはこまめなブラッシングが必要です。

とくに春先は、暑い夏にむけてよくブラッシングしておかないと、体温が上昇しやすくなり熱中症になりやすくなったり、皮膚トラブルがでたりする原因となってしまいます。
また、ロングコートの犬種は毛玉ができやすく、と耳の後ろとわきの下をこまめにチェックしましょう。

ブラッシングやコーミングの方法、使用する用具は、犬種や毛のタイプによって異なります。用途によってうまく使い分けましょう。短毛種には獣毛ブラシやラバーブラシ、中毛種にはスリッカーブラシやピンブラシ、長毛種にはピンブラシやスリッカーブラシ、コームがおすすめ。

毛のもつれや毛玉・死毛除去に便利なスリッカーブラシは先がとても尖っているため皮膚を傷つけるおそれがあります。あまり力をいれてブラッシングしないこと。自分の肌にあてて使用してみて、痛くない力加減を確認してから愛犬に使用しましょう。

TOP PAGE▲
犬のケア・お手入れトップ▲