細菌・真菌性皮膚炎

濃皮症(のうひしょう)

細菌が皮膚に感染して膿疱(のうほう)を形成する皮膚病。
激しいかゆみをともなうため、かんだり引っかくことで脱毛したりすることも。
深部まで細菌がおよぶと化膿したり発熱することもあります。
アトピー性皮膚炎が基礎疾患として存在する場合がある。
【治療】 皮膚の表面のみであれば薬用シャンプー、深部までの場合、抗生物質の軟膏、投薬 

真菌性皮膚炎

真菌(カビ。糸状菌がおおい)が原因でおき、菌の胞子が毛穴の中に侵入していくことで毛自体が弱くなり切れたりして円形脱毛に。しっしん、かさぶた。かゆみがほどんどともなわない。治るのに時間がかかる。
【治療】 生活環境の改善、薬浴、投薬 

関連ページ

TOP PAGE▲
犬の病気トップ▲