アレルギー性による犬の皮膚病

アトピー性皮膚炎

呼吸時にアレルゲンを吸い込むことでアレルギー反応がでる。原因となるアレルゲンは多岐にわたります。かゆみのでる主な場所は、眼の周辺、耳、足、前肢のつけ根、背部、会陰部、肛門周辺で、ひどくなると全身におよぶ。さらに詳しく>
【治療】 ステロイド剤・抗ヒスタミン剤・脂肪酸・ホルモン剤などを組み合わせて使用

食物アレルギー

牛肉、豚肉、鶏肉、魚、卵、大豆などのタンパク質、ミルクなどの乳製品、とうもろこし、小麦などの炭水化物などがアレルゲンとなり発症し、顔面、頭部、耳、頚部、肛門周辺のかゆみがでます。ひどくなると全身におよぶ。さらに詳しく>
【治療】 アレルゲンをふくまない食事療養

接触性アレルギー

犬が触れるもの、生活環境のあらゆる物質がアレルゲン(原因物質)となり、発症します。とくにノミ取り首輪やフローリングワックスなどの薬品や薬物が含まれている物質などで症状がでる犬が多い。さらに詳しく>
【治療】 アレルゲンを特定し除去 

関連ページ

TOP PAGE▲
犬の病気トップ▲

CONTENTS

Pick Up

愛犬のための症状・目的別栄養事典
手づくりごはんで愛犬の体のなかの毒素をだす!愛犬の症状から、どんな食材をどう取り入れたらよいのかなどとても参考になります。アトピー性皮膚炎の症状を緩和・予防する食材についても掲載してあります。私も愛読しています。

犬の心臓病・アトピーに獣医師と開発した本物サプリ「パンフェノン」
パンフェノンは全国2,000の動物病院、トリミングサロンで取り扱われている動物用サプリメント。お試しサイズも定期便もあります。