このうえは冷たくてきもちいいよ!byチョコ

熱中症予防のために

犬が熱中症になりやすい場面をしっかり頭に入れて
熱中症の予防、環境づくりに気をつけましょう。

車の中

人間の場合も同じですが、「日陰だから」「くもり空だから」「ちょっとの間だけだから」「窓を少しあけておくから」なんて車内でお留守番をさせることは絶対やめましょう。
真夏の車内は、あっというまに60℃以上にまで温度が上昇してしまいます。
わずか10分…その10分でも命に危険があるということを忘れてはいけません。

部屋の中

部屋の中でも、風通し悪いなど換気が悪かったり室温が高くなると熱中症の危険があります。
しかし防犯上、窓を閉め切ってでかけると思います。愛犬ひとりでお留守番をさせる時には、部屋の温度管理をしたり愛犬の状態をチェックすることができません。
また扇風機は、閉めきった室内では空気の入れかわりがなくただこもった空気が循環するだけで、汗をさほどかかない犬にとっても涼しいとは感じられませんし、体を冷やす効果はほとんど得られません。

直射日光が入らないようにカーテンをしめたり、市販のひんやりグッズを利用する、エアコンを使用するときには部屋が冷えすぎないようドライにしたりして設定温度に注意し、うまくタイマー機能を活用することをおすすめします。

お散歩中・お散歩後

日中のお散歩は絶対にやめましょう。日中のアスファルトに触れたことがありますか?
日中のアスファルトは熱く焼けていて、非常に高温になっています。
また、愛犬は地面に近い所を歩くので、地面の熱の影響をうけやすく、裸足で歩いているのと同じなので、やけどの原因にもなります。

夕方のお散歩もアルファルトに熱が残っていることがあるので注意し、水分はこまめに補給しながら長距離の散歩コースは避けるようにしましょう。高齢犬など、愛犬の体調をよく観察して無理に散歩に行かないようにしましょう。

屋外の犬舎・係留

直射日光のあたるような場所に、犬をつないでおくことは絶対にやめましょう。
風通しがよい日陰に犬舎を移動する、もしくは日よけを使って日陰をつくってあげる、いつでも日陰にはいれるようにしておくことが大切です。水をまいてあげるのもよいです。

コンクリートの上は熱がこもりやすいし、時間の経過により日陰の位置も変わります。からまって身動きができないなど係留するリードの長さにも注意が必要です。また、新鮮な飲み水を欠かさないようにしましょう。

サマーカット

夏場はとくに、被毛が立派だと見た目に暑苦しく感じることも多いですが、「涼しそうだから」などといった理由で、犬の毛を極端にサマーカットにするとそれが熱中症の原因になることも多いのです。

犬の被毛には、太陽の熱を直接皮膚にあたらないように防ぐ働きがあります。その被毛を極端に短くカットしてしまうと、太陽の熱が直接あたり、体温は上昇しやすい状態になってしまいます。
強い紫外線が皮膚に直接あたるのも、皮膚によくないのは人も愛犬も同じです。
極端なサマーカットはさけ、ブラッシングを念入りに。

関連ページ 犬の熱中症とは 犬が熱中症のときの応急処置


TOP PAGE▲
犬の病気トップ▲

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

CONTENTS

Pick Up

しぐさでわかる愛犬の医学―応急対応から治療、介護、日常の注意まで 病気丸わかり百科
うんちがおかしい、でない、おしっこの色がおかしい、お尻を地面にこすりつける、水をガブ飲みする、吐く、皮膚がおかしい、体をかく、体をさわられるのを嫌がる…etc 愛犬のしぐさから病気をチェック。
子犬の健康管理や老犬の病気や介護まで幅広く掲載しており便利です。