ちょっと休憩中・・・。byチョコ・那智

熱中症とは

犬の熱中症は夏などの暑い環境下で起こりやすく、措置が遅れると脳障害を起こし結果、死に至ることもある恐ろしい病気です。暑い夏はとくに人も犬も気をつけなければなりません。
炎天下はもちろんのこと、気温・湿度がたかい室内でも風のとおりが悪い状況では熱中症になります。

お天気の良い日に車中に愛犬を放置していませんか?犬が外に飛びだせない程度に車の窓をすこし開けて犬を車中に置いてでかけている車を見かけることがありますが、気休めにしかなりません。

絶対、やめてください。
室内犬の留守番時も空調管理をしてあげてほしいと思います。
すぐにもどるから…なんて安易な考えは危険です。

犬も汗をかきますが、わたしたち人間とは違いがあります。おもに足の裏と指の間、つまり肉球にしか汗腺がないので、舌をだして「ハアハア」と激しく呼吸すること(パンティング)で、唾液を蒸発させて体の熱を外へ出しています。

そして、たくさんの毛に覆われていますので人間より暑さによわいのです。
しかし、暑そうだからといって犬の毛を極端なサマーカットにするのもおすすめできません。

犬が熱中症にならないように心がけるとともに、もしそうなった場合の応急処置法を頭に入れておくとよいと思います。

熱中症症状

犬の体温調節は主に、口を開けて舌をだして水分を蒸発させて体温を下げたりしますが、気温が高い時、湿度がたかい梅雨どき、換気のわるい場所や直射日光下に長時間置かれると、この体温調節が間に合わず、体温が上がったままなかなか下がらずに高熱・脱水といった症状が現れます。

症状

激しい呼吸、あえぐような息(初期症状)
  • 大量のよだれ(初期症状)
  • 足元がふらつく
  • グッタリして元気がない
  • 意識がなくなる

関連ページ 犬が熱中症のときの応急処置 犬の熱中症を予防するために


TOP PAGE▲
犬の病気トップ▲

CONTENTS

Pick Up

しぐさでわかる愛犬の医学―応急対応から治療、介護、日常の注意まで 病気丸わかり百科
うんちがおかしい、でない、おしっこの色がおかしい、お尻を地面にこすりつける、水をガブ飲みする、吐く、皮膚がおかしい、体をかく、体をさわられるのを嫌がる…etc 愛犬のしぐさから病気をチェック。
子犬の健康管理や老犬の病気や介護まで幅広く掲載しており便利です。