狂犬病予防法について

犬の飼い主となったときから重要にかかわる部分を狂犬病予防法から抜粋しています。

犬の登録の義務について
犬を家族にむかえたら、まず犬の登録をしましょう。犬の登録は生涯1回だけです。
登録は動物病院でも依頼できる場合が多いようです。

狂犬病予防法(登録)*抜粋*
犬の所有者は、犬を取得した日(生後90日以内の犬を取得した場合にあっては、生後90日を経過した日)から30日以内に、厚生省令の定めるところにより、その犬の所在地を管轄する市町村長(特別区にあっては、区長。以下に同じ。)犬の登録を申請しなければならない。犬の所有者は、前項の鑑礼をその犬に着けておかなければならない。

狂犬病予防注射の義務について
海外では依然として、狂犬病の発生は続いています。海外からもちこまれる可能性もあるため、狂犬病の予防注射をうけましょう。毎年春になると、地域によりますが決められた日程にそって狂犬病予防の集合注射が一斉に行われます。その他、動物病院では1年中受けることができます。

狂犬病予防法(予防注射)*抜粋*
犬の所有者は、その犬について、厚生省令の定めるところにより、狂犬病の予防注射を毎年1回受けさせなければならない。犬の所有者は、前項の注射済票をその犬に着けておかなければならない。

犬が迷子になったとき
もし身元がわかるものを何も着けていない犬が迷子犬になってしまった場合、どう対応されることになるのか知っていますか?

  • 狂犬病予防法(拘留)*抜粋*
    予防員は、規定する登録を受けず、若しくは鑑礼を着けず、又は予防注射を受けず、若しくは注射済票を付けていない犬があると認めたときは、これを抑留しなければならない。
    予防員は、第1項の規定により犬を抑留したときは、所有者のしれているものについてはその所有者にこれを引き取るべき旨を通知し、所有者の知れていないものについてはその犬を捕獲した場所を管轄する市町村長にその旨を通知しなければならない。
    市町村長は、前項の規定による通知を受けたときは、その旨を2日間公示しなければならない。
    第7項の通知を受け取った後又は前項の公示期間満了の後1日以内に所有者がその犬を引き取らないときは、予防員は、政令の定めるところにより、これを処分することができる。(以下省略)

もし、飼い主側から保健所や警察などどこへも連絡せず、もしくはできなかった場合、たったの3日間で処分されてしまう可能性が高いということです。もし、愛犬がいなくなってしまったりしたら、まずは最寄の保健所や警察署など手当たり次第に連絡をとることがとても大切です。

鑑礼と注射済票は、犬の戸籍番号や注射を済ませたという安全証明になります。また、万が一迷い犬になった時の迷子札となり、その番号から飼い主が判明するので、愛犬にとりつけておくことはとても大切です。

ただ、超小型犬や小型犬の首輪に取り付けるには少々大きく、字だけでダサいなあと個人的には少々不満があります・・・。しかし、装着率の向上をはかり、市や自治体によってはかわいデザインになっているところもあります。こういった動きが全国的に広まればよいのにな〜と思います。

愛犬が迷子になってしまったとき、もし首輪がはずれてしまっても飼い主にたどりつけるマイクロチップが注目されています。

罰則について
犬の登録の申請をしていない、鑑礼を愛犬につけていない、予防注射を受けさせていない、注射済票をつけていないという場合、飼い主に対しての罰則があります。

  • 狂犬病予防法*抜粋*
    犬の登録の申請をせず、鑑礼を犬に着けず、又は届出をしなかった者、犬に予防注射を受けさせず、又注射済票を着けなかった者は3万円以下の罰金になります。

関連ページ
狂犬病 症状と感染経路
海外での狂犬病事情
犬や動物に咬まれたら
狂犬病ワクチンの必要性
狂犬病ワクチン接種時期と料金
人畜共通感染症とは
狂犬病予防法について

TOP PAGE▲
犬の病気トップ▲