犬や動物に咬まれたら

万が一、海外ではもちろん日本国内でもイヌや動物に咬まれたら、まず水とせっけんで傷口をじゅうぶん洗い流し、消毒します。その後、傷の深さにかかわらず念のため医療機関で治療をうけましょう。破傷風などの感染症の危険性があります。

飼い主がわかっている場合は、飼い主さんに連絡、そして保健所へ連絡します。
咬んだ犬が狂犬病予防注射をうけているかどうか確認しましょう。

狂犬病については日本国内においてはまず大丈夫とされていますが、かんだ犬が狂犬病ウイルスをもっていると、人も感染します。海外で咬まれた場合は、発症前であれば狂犬病ワクチンが有効とされているので、接種することがのぞましいとされています。

国内で咬まれた場合でも、咬んだ犬が狂犬病ワクチン接種をしているかどうかわからないときは、ワクチン接種をすることがのぞましいでしょう。ペットとして飼われているのではなく、放れた野犬である場合、保健所だけでなく警察にも連絡し、捕獲することになります。

愛犬が人を咬んだりしてしまったら

まず、咬まれた方の手当てをしましょう。水とせっけんで傷口をじゅうぶんに洗いながし、消毒します。傷口がひどい場合は、医療機関へ行ってもらいます。

飼い主さんは保健所へ犬の事故届けをし、指導等をうけます。愛犬が狂犬病予防ワクチン接種をしているかどうかがとても重要になってきます。未接種の場合、咬んだ犬の狂犬病鑑定をうけることになります。

賠償責任については、飼い主が愛犬の性質などを理解したうえで、危険のない飼育管理が徹底されていない限り、治療に要した費用等全てを負担することになるようです。

飼っている犬がケガをさせてしまったという事実は消しようがありません。痛い思いをさせてしまった、不安な気持ちにさせてしまった、治癒するまでの期間の不自由さをまず第1に考えて、真摯な態度で責任をもって最後まで応対しましょう。

関連ページ
狂犬病 症状と感染経路
海外での狂犬病事情
犬や動物に咬まれたら
狂犬病ワクチンの必要性
狂犬病ワクチン接種時期と料金
人畜共通感染症とは
狂犬病予防法について

TOP PAGE▲
犬の病気トップ▲