海外では狂犬病は猛威をふるっています

海外では依然として、狂犬病の発生は続いています。
おとなりの中国でも狂犬病の発症件数が急増しており、かなり多くの人が狂犬病で死亡しています。

それにより中国では狂犬病による人の被害を防ぐためとして、あらゆる犬が撲殺されるというニュースがたくさんあります。

'08.10中国雲南省では、狂犬病が相次ぎ犬1万匹が撲殺。'09.05黒龍江省では「殺犬令」が公布され、市内を犬禁止区域と指定し、犬は見つけ次第撲殺するという内容で、あらゆる犬が殺されました。'09.06北京で狂犬病対策として犬3万6000頭が処分されました。

日本では1957年以降、日本での発症例はありませんでしたが、2006年旅行先のフィリピンで野犬に咬まれた男性が、日本に帰宅後狂犬病を発症し死亡するということが起こりました。

狂犬病は、いまでも海外では発生し続けているということ、海外からもちこまれる危険性を認識させられることになりました。

海外では狂犬病の発生は依然として続いています。海外へ旅行される方、とくに狂犬病の発生がないとされる指定地域以外へ行かれる方は特に気をつけてください。 指定地域について>

海外では、日本と同じ感覚で犬やネコなどをはじめとする動物を見つけた際に、かわいさから撫でてあげたいとむやみに近づいたり、触らないようにしなければいけません。
忘れていけないのは、狂犬病はイヌだけに発症する病気ではないということです。

咬まれなくても手に傷があったりした場合、舐められただけで感染する可能性があります。旅行前に、行き先でかかる恐れのある伝染病に対しての予防ワクチン接種をしていくと安心です。

ペットの輸出入

また日本のペットブームによりさまざまな種のペットの輸入は増加しており、農林水産省では狂犬病の侵入防止に万全を期すため、イヌだけでなく、ネコ、きつね、あらいぐま、スカンク等を含む動物の輸入検疫は見直され、厳しくなっています。

同様に海外へ長期滞在などで、ペットを一緒に連れて行く場合、また連れて帰ってくる際には、手続きや検査など厳しく行われますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

参考サイト 農林水産省動物検疫所ホームページ> ペットの輸出入について>

狂犬病の症状

咬傷から侵入した狂犬病ウイルスは神経系を介して脳神経組織に到達し発症するので、脳に近ければ近いほど早く発症します。
発熱、頭痛、倦怠感、筋痛、疲労感、食欲不振、悪心嘔吐、咽頭痛、空咳等の風邪のような症状ではじまり、咬み傷部位の疼痛やその周辺の知覚異常、筋肉の痙攣などが起こります。

そして異常興奮、不安、錯乱、幻覚、攻撃性など神経症状が現れ、恐水発作等の筋痙攣(水を飲むと喉や全身が痙攣がおきるため、水を恐れて凶暴になる)などを起こし、最終的には昏睡状態に陥り、呼吸障害で死亡します。恐ろしいのは、発症するとほぼ100%死亡してしまう…特異的治療法がないというところです。

この狂犬病から人はもちろん愛犬を守るために、日本では狂犬病予防法という法律に基づき、生後3ヶ月以上の犬は年に1度予防注射を打つことが義務付けられています。

関連ページ
狂犬病 症状と感染経路
海外での狂犬病事情
犬や動物に咬まれたら
狂犬病ワクチンの必要性
狂犬病ワクチン接種時期と料金
人畜共通感染症とは
狂犬病予防法について

TOP PAGE▲
犬の病気トップ▲