犬レプストピラ病

レプストピラ菌が原因の伝染病で、ネズミが媒介します。
つまり、ネズミがいるところではこの病気が発症する可能性があります。
また人畜共通伝染病のひとつで人にうつる可能性があります。

ネズミによる媒介。
レプストピラ菌に汚染された尿が排泄された川水、下水などの環境で、なめたり水をのんだりすることで経口感染、直接ふれたりすることにより経皮感染します。症状には2つのタイプがあります。

出血黄疸型は黄疸、おう吐、発熱、歯茎からの出血など。
カニコーラ型は下痢、おう吐、発熱、脱水症状など。
どちらのタイプとも、症状がすすむと尿毒症になり数日で死亡することがあります。

万一、愛犬がかかってしまったら、食器などの消毒をしたり、糞便に直接さわらないように手袋を着用して処理するなど注意が必要です。子犬期からのワクチン接種で予防することが大切です。

おもな犬の感染症

TOP PAGE▲
犬の病気トップ▲

CONTENTS

Pick Up

しぐさでわかる愛犬の医学―応急対応から治療、介護、日常の注意まで 病気丸わかり百科
うんちがおかしい、でない、おしっこの色がおかしい、お尻を地面にこすりつける、水をガブ飲みする、吐く、皮膚がおかしい、体をかく、体をさわられるのを嫌がる…etc 愛犬のしぐさから病気をチェック。
子犬の健康管理や老犬の病気や介護まで幅広く掲載しており便利です。