犬パラインフルエンザ感染症

この病気単独ではそれほど死亡率は高くありませんが、他のウイルスや細菌などの病原体と混合感染することで症状が重くなる病気です。「ケンネルコフ」とよばれるのがこの病気で、とくに子犬にかかる代表的な呼吸器系の病気です。

子犬が集団で飼われている場合、他のいろいろな病原体と混合して発症することが多く、非常につよい感染力があります。パラインフルエンザウイルス、アデノウイルスや細菌に感染した犬のくしゃみの飛沫をすいこんだりすることで経口・経鼻感染します。寒い時期に多い。

カッカッと短いかわいた咳をします。激しい咳、鼻水などの呼吸器症状(風邪の症状)で、症状がおさまったように見えても、また現れるのが特徴で寒い時期に多い。
子犬期からのワクチン接種で予防することが大切です。

じつは、わが家のチョコさんも家に迎え入れてすぐ、この感染症にかかりました。闘病メモ>

おもな犬の感染症

TOP PAGE▲
犬の病気トップ▲

CONTENTS

Pick Up

しぐさでわかる愛犬の医学―応急対応から治療、介護、日常の注意まで 病気丸わかり百科
うんちがおかしい、でない、おしっこの色がおかしい、お尻を地面にこすりつける、水をガブ飲みする、吐く、皮膚がおかしい、体をかく、体をさわられるのを嫌がる…etc 愛犬のしぐさから病気をチェック。
子犬の健康管理や老犬の病気や介護まで幅広く掲載しており便利です。