犬ジステンパー

犬ジステンパーウイルスの空気感染により発病し、とてもうつりやすく致死率が高い犬の代表的な病気で子犬に発症することがとても多い。

感染犬のくしゃみの飛沫を吸いこんだり、感染犬の鼻水や目やに、唾液、排泄物などに直接ふれたり、においを嗅いだりすることで感染します。感染すると発熱、食欲もなくなり膿性の目やにや鼻汁がでます。(初期)

体の免疫をつかさどる白血球が破壊されて、免疫力が低下して呼吸器系や消化器系に広がり、激しいせきや下痢をおこし脱水症状がおきます。

神経や脳がおかされたりして、腰がたたなくなるなどのひどい麻痺やけいれん発作などをおこし、通常、感染後1ヶ月半ほどで衰弱して死亡することが多くあります。

有効的な治療法はまだなく、2次感染などを防ぎ自然治癒を待つこととなります。致死率が高いため、子犬期からのワクチン接種で予防することが大切です。

おもな犬の感染症

TOP PAGE▲
犬の病気トップ▲

CONTENTS

Pick Up

しぐさでわかる愛犬の医学―応急対応から治療、介護、日常の注意まで 病気丸わかり百科
うんちがおかしい、でない、おしっこの色がおかしい、お尻を地面にこすりつける、水をガブ飲みする、吐く、皮膚がおかしい、体をかく、体をさわられるのを嫌がる…etc 愛犬のしぐさから病気をチェック。
子犬の健康管理や老犬の病気や介護まで幅広く掲載しており便利です。