蚊ほんとにイヤです。

フィラリア症と感染率

蚊予防をせずにひと夏を越したときの犬フィラリア症の感染率は38%、2夏では89%、3夏では92%におよぶという恐ろしいデータがあります。フィラリアとは寄生虫の名前で、英語でハートワーム(heartworm)といいます。

犬フィラリア症は、犬同士で直接うつるのではなく、蚊が感染を媒介しています。つまりは、蚊に刺されるこで感染してしまいます。室内犬だからと安心してはいけません。室内にも蚊は侵入してきますし、お散歩時に刺されることも多い。

蚊が吸血するとき、同時にフィラリアの仔虫を犬にうつします。そのフィラリアの仔虫は皮下組織で成長し、血管中へ入ります。その後心臓内や肺動脈にはいりこんで成虫となり全身にわたって深刻な悪影響を及ぼします。(成虫は長さ15〜30cm位の細長いそうめん状の虫です。)

症状は、寄生している成虫の数や感染してからの年月、寄生部位、動物の体格、仔虫のかずなどによってさまざまです。初期はほとんど無症状ですが、次第につぎのような症状がでます。

元気がなくなったり、散歩に行きたがらない
食欲がなくなる
咳をよくする
腹水がたまり、お腹が腫れてくる
貧血・失神

私が小学生のころに飼っていた愛犬コロ(雑種、当時外飼い)も犬フィラリア症の感染により亡くなりました。犬フィラリア症の予防薬は飲ませていなかったようです。

それはとてもひどい症状でした。今でも忘れることはできません。思い出すだけで涙が溢れてきます。当時は「フィラリア」という病気をよくわからないまま受け入れるしかありませんでした。

一番目立った症状は、咳でした。とにかく咳がとまりません。
そしてその咳は血液がまじったものです。

病院に連れて行ったときにはもう手の施しようがないと言われたらしく、そう母親から聞かされたときには、とても悲しくショックでした。亡くなる直前には、犬舎の周りの土にはコロの吐いた血がたくさん染み付いていました。お腹もパンパンに膨れ上がっていました。本当に、コロはつらかったと思います。

当時小学生だった私は何もしてあげることができませんでした。
いっぱいいっぱい泣くことしかできませんでした。

現在でも、犬フィラリア症は死に至る確率の高いとても怖い病気ですが、予防することができます。
かならず予防・蚊対策をしてあげましょう。愛犬をかわいそうな目にあわさないですむように。

関連ページ 犬フィラリア症の予防と薬

TOP PAGE▲
犬の病気トップ▲

CONTENTS

Pick Up

しぐさでわかる愛犬の医学―応急対応から治療、介護、日常の注意まで 病気丸わかり百科
うんちがおかしい、でない、おしっこの色がおかしい、お尻を地面にこすりつける、水をガブ飲みする、吐く、皮膚がおかしい、体をかく、体をさわられるのを嫌がる…etc 愛犬のしぐさから病気をチェック。
子犬の健康管理や老犬の病気や介護まで幅広く掲載しており便利です。

本間アニマルメディカルサプライ
動物病院全面サポートのペット用処方食・医薬品・用品の総合販売
獣医師への無料相談やWEB診療受付サービス、在宅検診サポートなども充実しています。