病気・異常

耳がかゆい、不快なとき犬は足でひっかいたり、頭をつよくふったり、床にこすりつけたりします。異物がはいっているかもしれないので、耳の中をチェックしましょう。

耳のたれさがっている犬種や耳の中に毛が多く生えている犬種は外耳炎になりやすく、外耳炎にかかるとかゆみや痛みをともなうため、犬は頭をふったりかいたりします。遺伝的な体質が原因になっていることもあり、その場合はくりかえし発症しやすい傾向にあります。

外耳炎は、細菌や真菌(カビ)、アレルギー、耳ダニなどの原因によりなり、赤くなったりかゆみをともないます。中耳炎や内耳炎にかかると、膿がでて悪臭がします。内耳がおかされると、運動障害やしゃけいなどの症状がでます。最終的に死亡することもあるので放置しないようにしましょう。

耳の中がくさい、耳そうじをしてあげてもすぐに汚れてくる場合、なんらかの菌に感染している可能性があります。

急に耳の中が厚くなり、穴がみえなくなるくらいまで腫れてくる場合、ノミや食物アレルギー、アトピーが疑われます。

耳の異常はとても不快なので、頭をつよくふったり、耳をひっかいてしまったりして、耳介の血管がきれてその血液成分がたまり、耳介が腫れあがってしまったりすることもあります。また、犬の耳の中の皮膚はひじょうに薄いので、耳のお手入れ時に強くこすりすぎてかえって赤く炎症をおこさせてしまうことも少なくありません。

耳のお手入れは、犬用の耳洗浄液などを耳にたらし、耳の根元をかるくもみこむようにします。その後、犬が頭をふることで汚れや水分が外にでてきたところをかるくふきとるようにします。

犬がかゆそうにしていたり不快そうにしていたら、ストレスをためないためにも悪化させないためにも、すぐに動物病院へつれていってあげましょう。

耳あかの簡単な見わけかた

  • 【黒い耳アカや膿】
  •  中耳・外耳炎の悪化、耳疥癬など
  • 【茶褐色の耳アカ】
  •  耳ダニ・マラセチア外耳炎など

愛犬の健康チェック

愛犬の気になる症状や状態、しぐさからチェックしてみましょう。

TOP PAGE▲
犬の病気トップ▲

CONTENTS

Pick Up

しぐさでわかる愛犬の医学―応急対応から治療、介護、日常の注意まで 病気丸わかり百科
うんちがおかしい、でない、おしっこの色がおかしい、お尻を地面にこすりつける、水をガブ飲みする、吐く、皮膚がおかしい、体をかく、体をさわられるのを嫌がる…etc 愛犬のしぐさから病気をチェック。
子犬の健康管理や老犬の病気や介護まで幅広く掲載しており便利です。