ノミアレルギーの原因と症状

ノミに刺される事によってノミの唾液が体の中に入り、これがアレルゲン(アレルギーを引きおこす原因)となって発症します。強いかゆみが生じるため、何度も引っかいてしまい、化膿性の皮膚炎を起こしたりすることもあります。ノミの数には関係なく、1匹いただけでも発症する子もいます。

非常にかゆがり、腰からしっぽにかさぶたができたり、背中や腰の毛がぬけたり赤い発疹がみられます。肛門の周りや耳の後ろに見られることもあります。

ノミによる人畜共通感染症

ノミは犬だけの問題ではなく、人間を刺して感染症をひきおこすこともあり、注意が必要な外部寄生虫です。

<代表例>ノミ刺症、瓜実条虫症、猫引っ掻き病、ペストなど

ノミが吸血する際にだすだ液の中にはヒスタミンやタンパク質が含まれていて、このだ液によって紅斑、膨疹、出血や水疱などの激しい皮膚症状が引きおこされます。まれにアレルギー反応からじんましん、心悸亢進、頻脈、呼吸困難、発熱などの症状がでる場合があります。

ノミの予防について

愛犬の一般的なノミ対策として、ノミとり首輪、ノミとりシャンプー、ノミダニ予防駆除薬その他の医薬品がでまわっていますがその危険性や安全性には賛否両論あります。

ノミが寄り付かない、あるいは死ぬ薬である以上、犬に無害であるとは言いきれないと思いませんか?まずは薬をつかわない安全なノミ予防をしてあげてほしいと思います。

TOP PAGE▲
犬の病気トップ▲