手づくりごはん、あまり難しく考えないではじめてみよう!

犬のアレルギーと手づくり食

アレルギーのような症状がでている、ずっと続いているようなら、毎日の愛犬の食事を手づくりにすることもおすすめです。アレルギーをおこす食材をはぶいたりして食材をチョイスすることがカンタンにできますし、なにより愛犬にどんな食べ物を与えているのか飼い主さん自身がとてもわかりやすいからです。

無添加飼育されたお肉、自然栽培・有機栽培された野菜など旬の食べ物、なにより生きた食事をあたえることができます。未解明の未知の栄養パワーをも摂取できます。愛犬の年齢・体型・性格・体調を考えて毎日メニューを変えてあげることもできます。

またドライフードにくらべて水分もおおく摂取できて、体内にたまった老廃物や有害物質などの解毒・排泄もしやすい体になります水をあまり飲まないこにはとくにおすすめです。愛情のこもった手作りごはんですもの、愛犬もきっと喜ぶでしょう。

アレルゲンテストをすることはもちろん、とても大切なことです。
でも、アレルゲンテストで判明した食材を排除するのも一つの手ですが、手づくりごはんで使用しても、新鮮な材料であればアレルギー反応がでないこともよくあるようです。

アレルギーをおこしにくいとされる食べ物

  • 肉類 : 七面鳥 ラム カンガルー 鴨 馬
  • 魚類 : 白身の魚 サーモン
  • 穀類 : オートミール 玄米
  • 野菜 : じゃがいも 白菜
  • 果物 : りんご
  • 海草 : こんぶ
  • 油類 : EXバージンオリーブオイル グレープシードオイル 亜麻仁油 魚油(サーモンオイルなど)

どんなにいい食材でも偏った摂取はよくありません。
あれもダメ、これもダメ・・・になっていくと、愛犬が食べれる物がどんどんなくなってしまうことになりかねません。アレルゲンテストの結果にあまりとらわれすぎないようにして、愛犬が食べられる食材が少なくなっていってしまうことのないようにしてあげたいですね。
いろいろな食材をすこしずつまんべんなく摂取できるようにしましょう。

TOP PAGE▲
犬の病気トップ▲

CONTENTS

Pick Up

愛犬のための症状・目的別栄養事典
手づくりごはんで愛犬の体のなかの毒素をだす!愛犬の症状から、どんな食材をどう取り入れたらよいのかなどとても参考になります。アトピー性皮膚炎の症状を緩和・予防する食材についても掲載してあります。手づくりごはん派にはかかせない一冊だと思います。私も愛読しています。

犬の心臓病・アトピーに獣医師と開発した本物サプリ「パンフェノン」
パンフェノンは全国2,000の動物病院、トリミングサロンで取り扱われている動物用サプリメント。お試しサイズも定期便もあります。