アトピー症状と原因

アトピーとはギリシャ語の奇妙な事(atopia)からきているといわれており、人間のアトピー性皮膚炎と同様、そのアレルゲンとなる原因物質は多岐にわたります。

呼吸時にアレルゲンを吸い込むことでアレルギー反応がでます。
けしてアトピーというアレルゲンがあるわけではありません。

とくに問題となるアレルゲンはハウスダストマイト(イエダニ)で、その他花粉、ホコリ、フケ、カビなどを吸引する環境にいること、またストレスなどが複合されて症状が悪化してしますケースが少なくありません。犬は床に近いところにいるので、わたしたち人間よりそういったハウスダストを吸い込みやすいのです。

主な症状はかゆみで、耳や目のまわり、わきの下、後肢の内側、指の間、背中、会陰部、肛門周辺に症状がでます。ひどくなると全身におよびます。寄生虫や細菌の感染などを併発することがあるので、他の皮膚病と誤診されることもあります。

いつも痒がっている・・・
年間を通して症状が見られる場合、ハウスダストや食物の原因かもしれません。
また、他に併発している病気があると治りにくく、あわせた治療が必要とされています。

アトピーの治療

本来免疫とは、外部から侵入しようとする病原体や異物を攻撃して排除して体内環境を守ろうとする機能のことです。しかし、アトピーの場合は、その免疫反応が異常に強すぎるために、自分の体を傷つけるほどの強いかゆみや炎症をおこしてしまいます。

そこでこの免疫反応をおさえる薬を使って治療する代表的な治療というと、ステロイド剤や免疫抑制剤などがあげられます。しかし、これらの薬剤は副作用の問題が指摘されており、いいことばかりではないようです。

近年、副作用のすくない治療としてインターフェロンガンマ療法や減感作(げんかんさ)療法などという治療が注目されています。信頼できる動物病院でよく相談しながらそのこにあわせたケアをしてあげましょう。
また、愛犬のもつバリア機能が正常になるよう体質改善をめざし、手作りごはんにするなど食事を見直したりストレスのかからない環境や生活スタイルを心がけましょう。

TOP PAGE▲
犬の病気トップ▲

CONTENTS

Pick Up

愛犬のための症状・目的別栄養事典
手づくりごはんで愛犬の体のなかの毒素をだす!愛犬の症状から、どんな食材をどう取り入れたらよいのかなどとても参考になります。アトピー性皮膚炎の症状を緩和・予防する食材についても掲載してあります。手づくりごはん派にはかかせない一冊だと思います。私も愛読しています。

犬の心臓病・アトピーに獣医師と開発した本物サプリ「パンフェノン」
パンフェノンは全国2,000の動物病院、トリミングサロンで取り扱われている動物用サプリメント。お試しサイズも定期便もあります。